MEETING ‘MOMO’ – My Story

I think every meeting is inevitable.

When I was 6 years old, a girl named Maria who was a high school student from Shelbyville IN stayed with my family in Japan. This was my first time for me to meet a foreigner. Her group gathered together in the culture center every morning. The day that they were to leave for Shelbyville, I met Lynn Thomas who is my host mother now. When I saw her for the first time, I thought she was so beautiful. And I also thought she looked like Princes Diana, and I told my father about it. And then he told her “My daughter says you look like Princes Diana.” She was so happy. My father took a photo of Lynn, my younger brother and me. It was 16 years ago but I remember it very well.

IMG_2417

Seven years later, we hosted a girl named Christal Wagner. At the welcome party, I found a man who wore the name card “Mark Thomas”. I remembered the name “Thomas” And I thought that he might be Lynn’s husband or her relative. And I asked him “Do you know Lynn Thomas?” and he said “Yes, she is my wife.” I was so happy. I was supposed to visit Shelbyville during the summer vacation. So I told him about that. And then he told me that they could host me.

We didn’t exchange each other’s contact information, but 7 years later we met again. Now I work in Shelbyville’s City Hall as an intern staying with my host family. I can’t believe that we have known each other for 16 years. If I had not told my father that she looks like Princes Diana and he had not told her about it, my life would have become totally different. Keeping the great relationship between sister cities, we connect still now. In my host family’s house, the picture which was taken 16 years ago is displayed proudly.

I would be glad if a lot of people have good experiences and memories through this sister city relationship. I’d like to contribute to the wonderful relationship between Shelbyville and Shizuoka city. I hope it will continue for many years to come.

This Sunday, a group from Shelbyville will leave for Japan. They will have many new experiences and make new friends. I hope their visit will be a precious experience for them.

 IMG_2416 IMG_2415

 —————————————————————————————————–

出会いは全て必然!

私が6歳の時、マリアという高校生の女の子が私の家にホームステイをしました。外国人に会うのはこの時が初めてでした。シェルビーから訪問しているグループの人たちは毎朝ある場所に集合してから、その日のスケジュールで動いていました。お別れの日の朝、私は今のホストマザーであるリン・トーマスに出会いました。私は初めて彼女を見たときに、「とってもきれいな人だなぁ~。ダイアナ妃にそっくり!」と思い、その事を父に伝えました。すると父は彼女に「僕の娘があなたはダイアナ妃にそっくりだって言っているよ」と伝えました。彼女はとっても喜んでくれて、私の弟も一緒にリンと3人で1枚の写真を撮りました。もう16年も前の事ですが、私はこの時の事を良く覚えています。

7年がたって、私達のところに今度はクリスタル・ワグナーという女の子がホームステイをしました。ウェルカムパーティーで私は”マーク・トーマス”という名札を付けた男性を見つけました。私は”トーマス”という名前を覚えていて、もしかしたら彼はリンの旦那さんか、親戚かもしれないと思いました。そして「リン・トーマスさんを知っていますか?」と尋ねると、「彼女は僕の妻だよ」と教えてくれました。私はとても嬉しくなりました。私はその年の夏休みにシェルビービルに行くことが決まっていたので、その事を彼に伝えました。すると彼は「うちに泊まれば良いよ!」と言ってくれました。

私達は連絡先を一切交換しませんでしたが、7年たってまた再会することができました。今、私は市役所でインターンとして働かせて頂いていますが、今も同じファミリーにお世話になっています。初めて出会った時から16年もたっているなんて信じられません。もし私が父に「あの人ダイアナ妃にそっくりだね」と言わなかったら、もし父がその事を彼女に伝えなかったら…。私の人生は全く違うものになっていたと思います。

姉妹都市の良い関係が続いているからこそ、私達は今でも繋がっていることができています。多くの人がこの交流を通して良い体験や思い出を作ることができたら、それはとても素晴らしい事です。シェルビービルと静岡市の関係がこれからもずっと続いていくように、私も自分にできる事をしていきたいと思っています。

今週の日曜日、シェルビービルのグループが日本に向けて出発します。また新たな出会いが生まれますね。彼らにとってかけがえのない体験になれば良いなぁと思います。

Comments

  1. Thanks for sharing your story, Momoco. ^_^

What are your thoughts?