MEETING ‘MOMO’ – My Visit to Japanese Class in Shelbyville High School

A lot of Japanese companies are located in Shelbyville. Therefore, many Japanese people live here. Shelbyville also has a sister city in Japan. I think Japan is a familiar country for Shelbyville.

Steve Von Werder is a Japanese teacher at Shelbyville High School. He used to be a missionary and went to Japan. That gave him the opportunity to learn Japanese. I visited his class to see what it looks like and to learn why students learn Japanese.

In Shelbyville High School, about 70 students take the Japanese class. Some students in the class I visited have been to Japan through the sister city program. In the class room, there are map of Japan and a Japanese alphabet chart on the wall. I also found the date in Japanese. These things reminded me of my school days.

59171_641743072524840_387011073_n 1209033_641743109191503_1312593030_n 545260_641743022524845_1749453615_n

Mr. Von Werder thinks the conversation skill is the most important. Writing skill is also important but it is not as important as before because most people have computers or smart phones. For the people learning Japanese, kanji is one of the hardest things. However, if they are not good at writing, a computer or smart phone converts for them. It is said that even Japanese people are beginning to forget kanji because of the spread of computer and smart phone use. Of course students have to memorize words and have words test sometimes, but in the class, they practice conversation a lot. They have a topic to talk about during each class.

601541_641742965858184_594530425_n 1234542_641742929191521_1846877371_n

I wanted to ask the students about why they learn Japanese and what they want to be in the future.

A student from Kambara, Shizuoka- city in Japan who takes the Japanese class said he is interested in agriculture. So he is going back to Japan and hopes to find a job related to agriculture with his English skills. Another student said he likes to learn languages. He was born in Mexico. So he can speak English and Spanish. Now he is learning Japanese as his third language.

Brandon Kreinhop is also one of the students taking Japanese class. His grandmother is Japanese.

541838_645204002178747_292081157_n

He wanted to talk with her in her native tongue so he began taking this course. His goal is to be an English teacher in Japan. He is also interested in a job as a translator for a company related to Japan. He was a volunteer for the SPROUT program at Coulston Elementary School for Japanese ESL (English as a Second Language) students last year. After the program was over, he made an offer to a Japanese student’s mother to continue to help her child with English during summer vacation. As of now, he still goes to the student’s house once a week to help her with homework and they sometimes play in the park when they finish. So he has already taken his first steps toward his goal. I’m sure that it is a big help for the Japanese girl. It is also a great experience for him in his journey to become an English teacher.

I visited Mr. Von Werder’s class and remember that learning language is very fun. I knew that Mr. Von Werder tries to make his class fun with conversation practice, watching Japanese TV drama and so on. When we learn a foreign language, having fun is important. If it is boring, we are going to be tired soon and can’t keep learning.

1374797_641742909191523_745481022_n

I was very glad that students tried to ask me and answer my questions in Japanese. A student asked me why I’m learning English. When I came to Shelbyville for the first time, I couldn’t understand English very well and it was very hard to communicate with my host family though I enjoyed everything during the stay. I wanted to communicate more and know more about my host family. So after going back to Japan, I tried harder to better learn English. I’m still learning English so I appreciate that students made me remember learning language is very fun.

—————————————————————————————————————————–

シェルビービルには多くの日本企業があります。そして多くの日本人がここに住んでいます。そして何より、シェルビービルには日本に姉妹都市があります。シェルビービルにとって日本はとても身近な国です。

スティーブ・ボン・ウォーダ―はシェルビービル高校の日本語教師です。彼はもともと宣教師として日本に行きましたが、それがきっかけとなって日本語の勉強を始めました。私は彼の日本語クラスを訪ね、授業の様子やなぜ学生たちは日本語を選択して勉強しているのかを聞いてきました。

シェルビービル高校では約70人の生徒が日本語を勉強しています。クラスには姉妹都市のホームステイプログラムを通して日本へ行ったことがある学生もいました。教室には日本の地図やひらがな表が壁に貼ってあり、ホワイトボードには日本語で日付が書いてありました。何だか自分の小学生時代を思い出しました。

スティーブ先生は会話力を一番大切にしています。書く力はもちろん大切ですが、パソコンや携帯が普及してきたため、以前ほどは重要ではなくなってきました。日本語学習者にとって、漢字は苦労することの1つです。もし彼らが書くことが苦手でも、パソコンや携帯があれば、代わりに変換してくれます。パソコンや携帯の普及によって、日本人でさえ漢字を忘れてきていると言われています。もちろん学生たちは単語を暗記し、たまに単語のテストもあります。しかし授業内では、会話の練習が多いそうです。その日の授業ごとにトピックを与えられて、その内容について話します。

私は学生たちがなぜ日本語を選択したのか、そして、将来はどんな職業に就きたいのかということにもとても興味がありました。

日本語クラスを受けている、静岡市(蒲原)出身の学生は、農学に興味があるそうです。なので、彼は日本に帰って英語力も生かせる農学関係の仕事に就きたいと思っています。またある学生は、語学を学ぶのが大好きなのだそうです。彼はメキシコで生まれたので、現時点で英語とスペイン語が話せます。今は彼にとって3番目の言語となる日本語を勉強しています。

ブランドン・クラインホップという学生も日本語クラスを受けている1人です。彼のおばあちゃんは日本人です。「おばあちゃんと日本語で話したい!」という思いから、彼は日本語の勉強を始めました。彼の目標は日本で英語教師になる事です。また日本と繋がりのある企業で通訳の仕事をする事にも興味があるそうです。彼は昨年、コールストン小学校で、英語が第2言語となる日本人学生の手助けをするプログラムのボランティアをしていました。彼はその中のある日本人少女の母親に話しかけ、そのプログラムが終了した後も、夏休みの間サポートを続ける事を申し出ました。そして、夏休みが終わった今でも、週に1度少女の家へ行き、宿題を手伝ったり、たまに公園で一緒に遊んだりもしています。私はこの話を聞いて、彼はもうすでに目標へのステップを踏み始めていると感じました。彼のサポートは、その日本人の少女にとってはとても大きな支えになっている事と思います。そして、将来英語教師になりたい彼にとっても、これはとても良い経験になるはずです。

私はスティーブ先生の授業を訪ねて、言語の学習はとても楽しい事だという事を思い出させてもらいました。授業内では会話の練習をしたり、日本のドラマを見せたりして、学生たちが楽しみながら学べるような先生の工夫がたくさん見られました。私たちが外国語を学ぶ時、“楽しみながら”ということはとても大切です。もし退屈と感じてしまえば、すぐに飽きてしまって続けるのは大変です。

学生たちが私に日本語で質問してくれたり、一生懸命質問に応えてくれたりして、とても嬉しく感じました。ある学生が私になぜ英語を勉強しているのかを質問をしてくれました。私は初めてシェルビービルに来た時に、ほとんど英語が理解できませんでした。滞在中は楽しく過ごせましたが、ホストファミリーと会話する事もとっても大変だった事を覚えています。もっとたくさん交流をして、ホストファミリーの事ももっと知りたいと思ったので、日本に帰ってから英語をもっと一生懸命勉強するようになりました。まだまだ私も勉強中なので、スティーブ先生と学生のみなさんが言語の勉強は楽しいという事を思い出させてくれて、とても感謝しています。

What are your thoughts?