MEETING ‘MOMO’ – Relay For Life at Shelby County Fair Grounds

The Relay For Life event took place at the Shelby County Fairgrounds July 13th–14th.

IMG_2789 IMG_2790

I’d like to explain what Relay For Life is. The following is from a pamphlet explaining the purpose of Relay For Life,

“Each American Cancer Society Relay For Life event gives everyone an opportunity to fight cancer and help save more lives. Teams made up of survivors’ family members, friends, and/or coworkers camp out at a local schools, parks, or fairgrounds and take turns walking around a track or path. Because cancer never sleeps, each team is asked to have a representative on the track at all times during the overnight event.”

“Relay For Life is the signature fundraising event for the American Cancer Society. At the event, people have the opportunity to celebrate cancer survivors, remember loved ones lost to the disease, and learn more about how to fight back against cancer. While you are raising much-needed funds, you will also be raising awareness of the importance of cancer prevention, early detection, treatment, and patient support.”

IMG_2791 IMG_2792

“At Relay For Life events, cancer survivors and caregivers come together and be recognized for their personal fight against a disease that has taken too much. In addition to a special ceremony, Survivors and Caregivers are invited to join their local Relay For Life event (similar to the event we had at the Shelby County Fairgrounds), no matter where their personal journey with cancer has taken them.”

“When the sun goes down, luminarias line the track, each one lit in honor or memory of those who have faced cancer – those who lost their battle, those who won, and those whose fight continues. For many, a Relay For Life event is where they can join together and find healing from their experience with cancer. The luminarias, each representing someone special, serve as a tribute to a community’s fight against cancer.”

“The Fight Back Ceremony inspires Relay participants to make a personal commitment to help the fight against cancer. That personal commitment may be as simple as visiting the doctor, getting a screening test, quitting smoking, or talking to elected officials about cancer.”

At the Fight Back Ceremony at the Shelby County fairgrounds, a girl said “I wouldn’t smoke and I will tell everyone not to smoke.” Her mother died because of lung cancer.

This event is a family-friendly event. There was a lot of fun stuff for kids to enjoy at this event while learning about cancer.

IMG_2794 IMG_2793

At the Luminaria Ceremony, 1600 candles were placed around the track. It reminds me of Toro Nagashi in Japan. Many people cooperated to make this ceremony. Kids also helped a lot. It was really beautiful.

IMG_2796 IMG_2798

It’s sad that many people passed because of cancer. At this event, anyone can participate through walking and raise awareness. It helps for both of the people who are fighting cancer and those helping with the fight. It is a great event with fun, education, honor and memory.

Relay For Life is held all over the world. Japan also has the event all over the country. In 2012, it was held at 37 places. In April, the event was held in University of Shizuoka where I study in Japan. Our countries may be different, but our action is the same!

Relay For Life American Cancer Society: http://www.relayforlife.org/

————————————————————————————————————————————

7月13日から14日にかけてRelay For Lifeがシェルビービル・フェアグラウンドで行われました。

まずはRelay For Lifeとは何かを説明したいと思います。(パンフレット引用)

“American Cancer Society のRelay For Lifeイベントでは、癌と闘い、またより多くの命を守る事を手助けする機会を得る事ができます。家族、友達、または同僚でチームを作り、地域の学校や公園、フェアグラウンドにテントを張って、コースを24時間歩きます。毎日、世界中で多くの方が癌と戦っています。癌は常に私達の身近にあるものであり、消える事はありません。”

“アメリカで開催されているRelay For LifeはAmerican Cancer Societyへの署名式の慈善活動です。このイベントは癌を克服した方々と喜びを分かち合い、癌によって亡くなった方々を偲ぶために開催されます。そして、イベントに参加することで癌に関する知識も得る事ができます。必要とされる資金を集めながら、参加者も癌予防、早期検診、治療、患者のサポートの大切さに気付き、意識の向上につながります。”

“またこのイベントでは、癌患者さん、癌を克服した方々、そして介護者が一緒になり、自分は1人ではないという事を確認することができます。1人で病気と闘うことは、肉体的にも、精神的にも、経済的にも負担が大きすぎます。1人1人の癌を通しての経験はそれぞれ違いますが、Relay For Lifeでそれぞれの経験を分かち合うことができます。”

“夕方になると、癌で亡くなった方々、癌を克服した方々、癌と今も戦っている方々へ思いを込めて、コースに並べられたキャンドルに火が灯されます。Relay For Lifeは、みんなで一緒に参加し、癌の経験から心を癒す方法を見つけるきっかけとなるイベントです。このキャンドル一つ一つが、特別な一人一人を表していて、このセレモニーは各地域で癌と戦う人達への贈り物となっています。”

“Fight Back Ceremonyでは癌と戦うために個人の目標を誓います。目標はとてもシンプルなもので、病院に行く、検診を受ける、たばこをやめる、癌について市長や議員と話しあう、など様々です。”

Shelby County Fairgroundで行われたFight Back Ceremonyではある少女がたばこを絶対に吸わない事、喫煙を広めていく事を誓いました。彼女は母親を肺がんで亡くしています。

このイベントは家族でも楽しめるイベントです。コースを歩き、癌について学べるだけではなく、コース上にはゲームや大きなトランポリンなどの楽しい遊び場やライブ会場もあり、子どもたちも楽しむことができます。Luminaria Ceremonyでは1600個のキャンドルがコースに並べられました。私はこれを見て日本の灯篭流しを思い出しました。多くの人がこのセレモニーのために協力し合い、子どもたちもたくさんお手伝いをしてくれました。キャンドルが灯された光景はとってもきれいでした。

癌によって多くの方々が亡くなっているというのは悲しい事です。このイベントでは歩く事を通してみんなで参加することができ、意識を高める事ができます。癌と戦っている人にとっても、そうでない人にとっても、とても良いイベントです。楽しさもあり、学ぶこともあり、癌を克服した人への祝福と亡くなった人への思いを持ち合わせたとても素晴らしいイベントだと思いました。

Relay For Lifeは世界中で開催されています。日本でも全国でイベントがあり、2012年度には全国37か所で開催されました。今年の4月には私の通っている静岡県立大学でも開催されています。是非、Relay For Life Japanのホームページもチェックしてみてください。

Relay For Life Japan Cancer Society: http://relayforlife.jp/

Relay For Life American Cancer Society: http://www.relayforlife.org/

What are your thoughts?