MEETING ‘MOMO’ – The story of four Japanese women and RYOBI / An incident made a huge movement

If a single event didn’t happened in the past, the present might be totally different. Every meeting is inevitable so it’s interesting.

Brandon Kreinhop is a student in Shelbyville High School. I wrote about him a little in a former article. He came to interview me a few times for his class. During the conversation, he talked about his grandmother. “My grandmother is Japanese. I wanted to talk with her in her native tongue, that’s why I started to take Japanese course” he said. He also said “She led RYOBI to Shelbyville” I was getting to be interested in the story. I asked him to let me meet his grandparents and I got his grandmother’s contact address.

One week later, Mariko who is the Brandon’s grandmother came to City Hall to see me with her husband, Jim. They have lived in Shelbyville for about 40 years. They met in Okinawa, Japan after World WarⅡ. Jim belonged to the U.S. AIR FORCE so they moved back and forth between the U.S. and Japan. They had lived in some different states and reached Shelbyville at last.

IMG_4029

Before RYOBI advanced into the American market, they were looking for the best place to build a firm in the U.S. When RYOBI officials met with community leaders in Shelbyville at the end of July, 1985, they also talked with three housewives who are Japanese. One of the women was Mariko.

RYOBI was concerned about area residents’ attitudes toward Japanese people. They would take their family so they were also concerned not only about community but the school system. “Shelbyville is a good place to live, even though it is small.  The city is close to the urban Indianapolis. The school environment is also good. And the best thing is that Shelbyville is safe” Mariko said. “Three Japanese women may have played a deciding role in getting the new company here,” the news paper said on October 8th, 1985. “Our feelings reached them. If we did a part in the deciding role in getting RYOBI here, that was good.” Mariko said.

On September 20th, 1985, RYOBI announced it will invest $25 million to locate a new plant in Shelbyville. “It is expected to be in operation by late summer 1986 and employ 150 people in three years” the news paper said. It was a great thing for Shelbyville to get the RYOBI plant here.

I found a very interesting story about the process to get Ryobi in Shelbyville in the news paper. On July 8th, 1985, a state official called the Chamber and said Sheller-Ryobi wanted to visit the city. “At this point,” Michael Hauk who was executive vice president of the Shelby County Chamber of Commerce said, “They were telling me that Shelbyville was number one their list,” but there was some concern if the building would fit the specifications for the new plant. Before meeting the Japanese, Hauk contacted the Japanese-American Citizen League in Indianapolis and the Indianapolis International Center. He also talked with Commerce officials about some finer points such as how to conduct a business meeting with Japanese. He found out such details as: Japanese like to exchange business cards when they first meet people, no slang expressions should be used because the Japanese take meanings literally, if meat was to be served, it was suggested it should be beef, and the number of people in the local group should not exceed the number from Sheller-Ryobi.

RYOBI is the first Japanese company to have a plant here. So everything was unknown about Japanese company and Japanese people for people in Shelbyville. Today, we can easily learn about different parts of the world, but it was different before. It was possible for this divide to create problems for the Japanese people and the residents of Shelbyville. However, cooperation bridged the gap and much was learned about each other’s culture.

James M. Bruce Jr. who was the director of management and economic consulting for Lock-wood Greene Engineers Inc. said in the news paper, “Detail isn’t the only trademark that has come to be associated with Japanese officials seeking expansion sites in America. Another one, the camera is more visible. They take a lot of photographs — a lot of photographs. One group in here videotaped a lot of their visit. They videotape just about every aspect of the community — the downtown streets, the hospital, (examples of) housing, and the schools. Lots of times we had to stop the car and get out taking pictures or videotape.” They must have wanted to take back a lot of information to Japan as they can. And I think Japanese like to take pictures.

Albert J. Booth, president and chief executive officer of Sheller-Ryobi told Hauk that it was a “stroke of genius” to modify the Ryobi executives’ itinerary to include a visit from the Japanese women from Shelbyville. I was impressed when I heard the story about RYOBI and Japanese women. RYOBI is a big company. They referred not only to business conversations but also to the real voice of Japanese living in Shelbyville and decided to come here. The decision of RYOBI made a lot of changes in Shelbyville besides increased employment. A necessity arose for a new fire station, upgrading the sewage treatment plant and highway improvements. A lot of things were considered by the City during the decision. RYOBI’s advancement into Shelbyville brought a lot of other Japanese companies here too.

This year marks the 25th anniversary of the sister city relationship between Shelbyville and Shizuoka city (Kambara). If RYOBI decided to build a plant in other state, the sister city relationship would not be started. The sister city group from Shizuoka city visits RYOBI every year. They have a tour putting on helmet and glasses. I also visited there when I was a junior high school student. I got impression to see that Japanese employees spoke fluent English and communicated with American employees.

The meeting of RYOBI and the Japanese women created a lot of things, but there are a few people who know about the background. If Shelbyville didn’t have this meeting, the city would be totally different today. I knew that an incident sometimes makes a huge movement.

RYOBI: http://www.ryobi-group.co.jp/en/

————————————————————————————————————-

もし過去にある出来事が起こらなかったとしたら、現在は全く違うものになっているかもしれません。全ての出会いは必然!

ブランドン・クワインホップはシェルビービル高校に通う学生です。彼の事は前回の記事でも少し紹介しました。彼は授業の課題の為に何度か私の所へインタビューに来てくれました。その時に彼のおばあちゃんの事を私に話してくれました。「僕のおばあちゃんは日本人なんだ。おばあちゃんと日本語で話したくて、日本語を勉強し始めたんだよ。」そして彼はつづけて「おばあちゃんがRYOBIをシェルビービルへ連れて来たんだよ。」と言いました。私はこの話にすごく興味を持ちました。そしておじいちゃん、おばあちゃんに会わせてほしいと彼に頼んで、連絡先を教えてもらいました。

1週間後、ブランドンのおばあちゃんのマリコさんが旦那さんのジムと一緒に、私に会いにシティーホールまで来て下さいました。ジムとマリコさんは、シェルビービルに40年近く住んでいます。2人は第二次世界大戦の後、沖縄で出会いました。ジムはアメリカ空軍に所属していました。だからその後、アメリカと日本を何度も行ったり来たりしたそうです。アメリカのいくつかの州に住んで、最終的にシェルビービルに落ち着きました。

今からずっと昔、RYOBIはアメリカへ進出するために、工場を建てるのに一番条件の良い場所を検討していました。1985年の7月下旬、RYOBIの職員はシェルビービルのコミュニティー・リーダー達に会い、またここに住んでいた3人の日本人女性にも会いました。その中の1人がマリコさんでした。

RYOBIは日本人に向けての現地の人の姿勢を懸念していました。工場を建てることになれば、家族を連れてくる職員も多いので、学校環境などにも関心を持っていたようです。「シェルビービルは小さい町だけど、とても住みやすいところです。インディアナポリスにも近いし、学校の環境も良い。そして何よりも、治安が良い。」とマリコさんは言います。1985年10月8日の新聞には “Three Japanese women may have played a deciding role in getting the new company here. (3人の日本人女性、新しい会社のシェルビービル進出に貢献)”と書かれています。「私たちの思いが伝わったんだと思います。もしRyobiさんがここに来ることに、少しでも力になれていたらとても嬉しい。」とマリコさんは言います。

1985年9月20日、RYOBIは2500万ドルかけて新しい工場をシェルビービルへ設置すると宣言しました。「1986年夏の終わりごろに完成し、3年間で150人を雇用する予定」と当時の新聞には書いてありました。シェルビービルにとってRYOBIの工場ができる事はとても素晴らしい事だったのですね。

当時の新聞でRYOBIの工場をシェルビービルが獲得するまでの過程であった、とても興味深い話を見つけました。1985年7月8日、州の職員は商工会議所へ電話をし、RYOBIがシェルビービルを視察のために訪れたいと言っているという事を伝えました。「ここでのポイントは」シェルビー郡商工会の執行副委員長であったマイケル・ホークはつづけて、「シェルビービルは彼らのリストの一番上にあったという事です。」しかしその建物が新しい工場の設計にうまく合うかという懸念がありました。RYOBIの職員に会う前に、ハンクはインディアナポリスにある日系アメリカ人の市民団体とインディアナポリス国際センターに連絡を取りました。そして彼は、日本人とビジネスの場で会う時にはどんな風にふるまえば良いのかというような事を商工会員と話し合いました。そこで彼は日本人の様々な習慣や特徴を学んだり、様々な提案を受けたりしたそうです。例えば、日本人は人と初めて会う時、名刺を交換する、日本人は言葉をそのまま受け取るからスラング(省略言葉や俗語)は使わない方が良い、もし食事でお肉を出すとしたら牛肉が良い、現地のグループの人数はRYOBIからの人数よりも少ない方が良い、など。

RYOBIはシェルビーに工場を建てた最初の日本企業です。だからシェルビーの人達にとっては、日本企業の事も、日本人の事も、全てが未知でした。今、私たちはとても簡単に世界中の事を知ることができますが、以前は違いました。だからお互いがお互いの文化を知ろうと努力して、探り探り進んでいったのだと思います。

当時のマネージメントや経済コンサルティングのディレクターだったジェームス・ブルース・ジュニアは当時の新聞で「アメリカで市場を広げようという日本人の特徴で、とても詳細まで丁寧に見るという事は良く言えること。ただもっと特徴的なのは、カメラだ。彼らはたくさんの写真を撮る。――本当にたくさん。ここに来たあるグループは視察中にたくさんのビデオを撮っていたよ。彼らはちょっとしたコミュニティーの様子、例えばダウンタウンの道、病院、家、学校などのビデオを撮っていたんだ。写真やビデオを撮るために何度も車を止めたんだ。」と語っています。きっと日本にたくさんの情報を持って帰りたかったのでしょう。でも日本人は他の国の人よりも比較的写真が好きなのかなとも思いました。

アルベルト・ブースというRYOBIの社長兼執行役員チーフはシェルビー郡商工会のホークに対して、RYOBIの役員たちがシェルビービルに住む日本人女性たちと話し合いの場をもつ、という日程を入れたのはとても良い考えだったと言っています。私はRYOBIと日本人女性たちの話を聞いたときに、とても感動しました。RYOBIはとても大きな会社です。彼らがビジネスの会話だけでなく、シェルビービルに住む日本人のリアルな声も参考にして、ここに来る事を決めたことに感動しました。RYOBIの決断はシェルビービルの雇用を増やしただけでなく、多くの事を変えました。新しい消防署の必要性や、下水処理場の拡大、高速道路の改善など、RYOBIの工場建設の話が進む中で多くの事が市によって検討されました。RYOBIのシェルビービル進出によって、その後多くの日本企業がシェルビービルに進出することになりました。

今年はシェルビービルと静岡市(蒲原)の姉妹都市提携25周年です。もしRYOBIがここに工場を建てていなかったら、姉妹都市関係も始まらなかったかもしれません。姉妹都市交流で毎年静岡から来る学生たちは、RYOBIが用意して下さるヘルメットと防護グラスをつけて工場見学をします。私も中学生の時に工場見学をさせて頂きました。RYOBIの日本人職員の方が現地の仕事仲間と流暢な英語で会話している姿を見て、中学生の私は強い刺激を受けました。

RYOBIと日本人女性たちの出会いは多くの物をもたらしましたが、このバックグラウンドを知っている人は少ないと思います。もしこの出会いがなかったら、今のシェルビービルは全く違うものになっていたかもしれません。1つの出来事が、いくつもの動きを作り出すことがあるのだと知りました。

RYOBI: http://www.ryobi-group.co.jp/

 

What are your thoughts?